商品カテゴリー 防災行政無線システム

日征通信株式会社

防災行政無線システム

「地場における防災・応急救助・災害復旧に」関する業務を遂行した無線通信システム

『災害対策基本法、水防法、消防組織法等の諸法令に基づいて作成された地織防災計画によって、災害時の通信連絡を確保

市町村紡災行政無線とは
市町村防災行政無線システムは、『災害対策基本法、水防法、消防組織法等の諸法令に基づいて作成された地織防災計画によって、災害時の通信連絡を確保し、災劃育報の収集・伝達を円滑に行い、地場における防災・応急救助・災害復旧に関する業務を遂行する』ことを目的とした無線通信システムです。

コミュニティFM局と特定小電力を利用した構築例

コミュニティFM局と特定小電力無線を利用したシステムの提案。
例えば市役所とコミュニティFM局lこ特定小電力無線を設置。市役所か5の情報を特定小電力無線でFM局に伝達。
その内容をFM局か5通常オン工アーしている電波で発信。
それにより手元のFMラジオで災害時に発せられた情報を聞くととができます。
また、市役所とFM局閏だけでなく、各所の相E連絡用としてもトランシーバーを活用できます。さらに、見通しのよい高台に中継装置を設置するととで通信エリアを拡大することができます。

構築例

防災行政無線について

災害時には、あらゆる情報が錯綜してしまい、人々が混乱状態に陥ります。
この様なパニック状態を回避し、地域の人々の安全を守る為には、災害規模やエリア、現状の状態などを速やかに正確な情報を伝達できるインフラ環境が求められます。
市町村における「防災行政無線システム」は、災害対策基本法、水防法、消防組織法等の諸法令に基づいて作成されており、災害時の通信連絡網を確保し、情報収集・伝達を円滑に行い、防災・応急救助・災害復旧に関する業務を遂行する事を目的とした無線通信システムです。

主な用途としては、非常災害時(風水害・地震・火災発生等の緊急連絡・災害現場の情報収集および指令/連絡・避難場所との連絡・災害対策及び救助に関する連絡・緊急事態の確実な情報)に利用されています。他にも、市町村の出先機関や移動市役所、広報車交通、安全パトロール、公害パトロール、河川道路パトロール、上下水道管理パトロール等との連絡、各種行政連絡の能率アップに用いられています。

機能面では音声情報で、市町村役場から地域の人々に向けて、災害・行政情報を一斉伝達する事(地域別に個別伝達する事も可能)ができます。
又、文字の表示装置に市町村役場からのメッセージを表示し、各ご家庭に設置された戸別受信機にFAXを接続する事で、文書や図面を受け取る事が可能です。
さらに、気象情報の収集機能もあり、警戒されている地域の気象・異常現象などの情報を収集して、災害の予知・予防に役立てる事も可能で、河川やダムなどの監視カメラ画像データを収集して、警戒地域の監視する機能も備わっています。

取扱一覧

日征通信について知りたい方
事業紹介
導入事例
会社概要
サポート
お問い合わせ・資料請求はこちら
日征通信に関するご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-39-2483
メールでのお問い合わせはこちら

このページの上まで戻る